学力テスト低迷受け、思考力に重点






[PR]



2010年02月24日(Wed)
学力テスト低迷受け、思考力に重点
教育って難しいですよね。最近の横浜の小学校では
下記でも書かれている読みを頻繁にしているようです。
「暗記」から「考える」がやはり人間形成には重要になってきます。

記事参照
23日実施の大阪府公立高校・前期入試では、2007年度〜09年度の全国学力テストの結果低迷を受け、同テストで重視された「思考力」を試す問題が目立った。


 国語や英語で図表やグラフを文章と合わせて考察、数学では解法を言葉で説明させるなどした。合格発表は、3月2日午後2時から各校で。府教委が解説した教科別の出題の狙いは次の通り。

■国 語 


 説明文では文章だけでなく、2種類の図から、筆者の考えを正しく読み取れるか試した。漢字の書き取りは文学作品の一節を引用、その文脈に即して適切な漢字を書けるかを問う新しい出題形式を採用した。

■数 学 


 ビンの中の100円硬貨の枚数を知るのに必要な条件を「容器の重さ」「硬貨1枚の重さ」の選択肢から選ぶなど、思考過程を問う出題が目立った。理数科など対象の問題で、全国学力テストで正答率が低い反比例の問題を出した。

■英 語 


 留学生がクラスで行ったスピーチや、海外の友人とのメール交換など、生徒の身近な生活を題材にした文章で、実践的な力をみた。文章内容を表した図を選んだり、グラフを説明する適切な単語を書かせたりし、理解力を測った。

■理 科 


 情報を取捨選択し、活用する力を試すため、化学反応や気象変化などについて、実験とその結果を付き合わせて考えさせる形式で出題。身近な事象で、淀川に生息する水生生物と水質の関係を取り上げた。

■社 会 


 例年同様、テーマを定めて歴史、地理、公民の知識を複合的に問う方式。テーマは「流れ」「塩」で、国際貨物輸送量の変遷、塩田の歴史などを問うた。古地図と現在の地図を比較し、街並みの変化を読み取らせる問題もあった。

(2010年2月24日 読売新聞)


面倒見の良い学習塾は成績も保証されます。
無理の無い中学受験が売りです!!
心と身体の健康と強靭さ、バランスのとれた心身は、何よりも得がたい己の拠り所となります。
ほめて伸ばす究極の授業
少人数生なので、一人一人をしっかりケアすることができます


   



セール情報
をブログで!

肩こり・腰痛・足の疲れはつぼくん!
婚約指輪はジュエリーリフォーム
横浜・川崎・東京のセール・イベント店舗情報を配信
回転寿司 横浜ならぐるめ亭
保土ヶ谷 車検はエネオス
永代供養墓 八王子でお探しなら雲龍寺墓苑
車検 東京はクーポン利用でお得に!
野球合宿
藤原鎌足



カレンダ
2010年2月
 
24
           

アーカイブ
2009年 (63)
3月 (13)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (15)
7月 (16)
8月 (7)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (76)
1月 (9)
2月 (11)
3月 (13)
4月 (6)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (13)
11月 (6)
12月 (1)
2011年 (13)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (1)
5月 (1)
7月 (1)
11月 (1)
2012年 (3)
3月 (2)
7月 (1)
2016年 (10)
2月 (10)
2017年 (1)
9月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:3
累計:137,719