アカデミー賞:なぜ「アバター」は負けたのか?






[PR]



2010年03月08日(Mon)
アカデミー賞:なぜ「アバター」は負けたのか?
個人的に映画好きとしては「アバター」のような映画よりも
ストーリー性の充実した映画が好きですが今回は圧倒的に
「アバター」と思っていたので少々驚き。

子どもが出来てから見てないなぁ。最後に見た映画は「ミュンヘン」って古すぎです。

記事参照
 巨額の制作費をつぎ込んだSF大作と、低予算の社会派サスペンス。元夫婦の両監督による2作品は、あらゆる面で対照的だった。だが、アカデミー賞の選考では商業的な成功が絶対的な評価基準になるわけではない。現実に昨年の作品賞候補作には、娯楽大作として大ヒットした「ダークナイト」は、同時にそのメッセージ性や完成度も高く評価されたにもかかわらず、入らなかった。

 一般観客の視点とアカデミー賞選考の乖離(かいり)とでもいうべきこうした現象に危機感を持った結果、今回、作品賞候補枠を従来の5枠から10枠に倍増させるという改革が行われた。そのねらいどおり、大ヒット作「アバター」は候補作に選ばれたが、最終的には娯楽大作を軽視しがちなアカデミー会員の志向は変わらなかった。

 米紙USA TODAYは、ノミネート枠の拡大は一定の効果を上げたとしつつ、「アカデミー会員は結局のところ、(売れたかどうかではなく)映画作りの土台や基本のところに一票を投じたのだ」と分析している。


娯楽のネットカフェ
海釣りでアジ・シーバス
USA:ハーレーダビッドン


   



セール情報
をブログで!

肩こり・腰痛・足の疲れはつぼくん!
婚約指輪はジュエリーリフォーム
横浜・川崎・東京のセール・イベント店舗情報を配信
回転寿司 横浜ならぐるめ亭
保土ヶ谷 車検はエネオス
永代供養墓 八王子でお探しなら雲龍寺墓苑
車検 東京はクーポン利用でお得に!
野球合宿
藤原鎌足



カレンダ
2010年3月
 
8
     

アーカイブ
2009年 (63)
3月 (13)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (15)
7月 (16)
8月 (7)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (76)
1月 (9)
2月 (11)
3月 (13)
4月 (6)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (13)
11月 (6)
12月 (1)
2011年 (13)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (1)
5月 (1)
7月 (1)
11月 (1)
2012年 (3)
3月 (2)
7月 (1)
2016年 (10)
2月 (10)
2017年 (1)
9月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:3
累計:137,719