景気持ち直す中での追加緩和、より刺激的な効果=宮尾日銀審議委員






[PR]



2010年03月26日(Fri)
景気持ち直す中での追加緩和、より刺激的な効果=宮尾日銀審議委員
政治の舵取りが重要になってきます。
子ども手当てが貯金に廻されるようでは
意味が無くなってしまいます。
浪費ではなく消費にまわればと思ってしまいます。

記事参照
[東京 26日 ロイター] 宮尾龍蔵・新日銀審議委員は26日午後の就任会見で、日銀が3月の金融政策決定会合で決めた新型オペの拡充について、一般論としたうえで、景気が持ち直す中での追加緩和は景気に対してより刺激的な効果を持ちうる、との認識を示した。

 また、今後の金融政策運営に関しては、極めて緩和的な金融環境を維持し、企業・家計の前向きな取り組みを支援していくことが重要と語った。

 <足もとの景気はかなり持ち直し、デフレは需給ギャップが要因>

宮尾氏は日本経済の現状について「世界的な金融危機で厳しい落ち込みを経験したが、各国の政策対応や新興国の力強い成長で、足もとはかなり持ち直している。しかし、雇用・所得環境は依然として厳しい」との認識を示し、先行きは「いろいろなリスク要因、不確実性がある」と語った。

 デフレ状況にある物価については「金融危機後の世界的な景気の低迷、将来不安による支出の抑制・低迷が現在の需給ギャップの主な原因」と分析し、デフレはこうした需給ギャップが要因と指摘した。

 <極めて緩和的な金融環境維持、中長期的な規律確保が重要>

 こうした認識を踏まえ、日銀の金融政策対応は「極めて緩和的な金融環境を維持し、企業・家計の前向きな取り組みを金融面から支援していくことが重要」と主張。世界的な経済・金融危機に対応するため、各国が相次いで実施した経済対策によって「財政赤字、財政破たんに対する懸念が広がっているのは各国共通」とし、「日本としては、中長期的な視点から、いろいろな政策運営や規律の確保をしっかり担保していくことが重要だ」とも語った。


子どもへの投資は成績保証制度の学習塾へ
生活の手助けサイト
財産、身体のリスク回避、不測の事態への備えをフルサポート
横浜・川崎の暮らしに役立つ情報


   



セール情報
をブログで!

肩こり・腰痛・足の疲れはつぼくん!
婚約指輪はジュエリーリフォーム
横浜・川崎・東京のセール・イベント店舗情報を配信
回転寿司 横浜ならぐるめ亭
保土ヶ谷 車検はエネオス
永代供養墓 八王子でお探しなら雲龍寺墓苑
車検 東京はクーポン利用でお得に!
野球合宿
藤原鎌足



カレンダ
2010年3月
 
26
     

アーカイブ
2009年 (63)
3月 (13)
4月 (3)
5月 (2)
6月 (15)
7月 (16)
8月 (7)
9月 (1)
10月 (3)
11月 (1)
12月 (2)
2010年 (76)
1月 (9)
2月 (11)
3月 (13)
4月 (6)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (1)
8月 (3)
9月 (3)
10月 (13)
11月 (6)
12月 (1)
2011年 (13)
1月 (2)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (1)
5月 (1)
7月 (1)
11月 (1)
2012年 (3)
3月 (2)
7月 (1)
2016年 (10)
2月 (10)
2017年 (1)
9月 (1)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:3
累計:137,719